カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
手延べそうめん 手延べひやむぎ 手延べ潮風うどん 淡路島ぬーどる お手軽セット
トップ
 
機械化が進むなか、伝統あるそうめん作り の技法で手延べ干しめんを製造しています。
 

淡路そうめんのうんちく

淡路そうめんの生産量

  • 全国の手延素麺生産量は約300万箱(18kg箱換算)ですが、淡路そうめんは約1万箱です。
  • 主要産地のシェア率からですと、わずか0.3%ぐらいです。 
  • ブランド別では、御陵糸は約6000箱・淡じ糸は約3000箱・おのころ糸は約800箱の生産量です。
  • 最近、4〜5年の生産量は、ほぼ同じ約1万箱です。

淡路そうめんの特徴

  • 機械化が進む中、昔ながらの素麺を、今に引き継がれています。
  • 小麦粉は淡路独自の配合(中力粉ベース)でブレンドし、製造しています。
  • カケバ機作業の後、麺を土間室(ネビツ)で熟成させます。 ※土間室とは、地面が土で水を撒いて湿度を高くして熟成させる部屋です
  • 乾燥作業時、付けハタの上げ延ばしは通常は9タケですが、淡路は11タケ(2メートル超)上げ延ばしします。 ※1タケとはそうめんの長さ19cmです。
  • おのころ糸はMAX12タケまで延ばします
  • 受け継がれた手作業の製法で造りすぎない味があります。
  • 小麦粉: 日清製粉、日本製粉、徳島製粉、三宅製粉、飯坂製粉、昭和産業
  • 食用植物油: 岡村製油
  • 塩: 鳴門塩業、天塩
  • ※製麺業者による多少品質のばらつきがあります。

ページトップへ