カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
手延べそうめん 手延べひやむぎ 手延べ潮風うどん 淡路島ぬーどる お手軽セット
トップ
 
機械化が進むなか、伝統あるそうめん作り の技法で手延べ干しめんを製造しています。
 

そうめん製造工程

製造工程

機械化が進むなか、伝統あるそうめん作りの技法で製造しています。 こびきの手作業(2回)・門干しの手作業では無理に麺を延ばさず、熟成を待ちながら1本1本丁寧に引き延ばします。こうして品質の高い手延べ麺として、高い評価を得ています。 (こびき作業機・門干し機は使用していません)

捏前作業
小麦粉に塩水を加え、練り合わす。
圧延作業
ドウ(麺体)の加重で均等に圧延する。麺圧延機を傾けて太い棒状の麺体を取り出す。
板切作業
圧延機より取り出した太い麺体を径を小さくしたロールに1本麺引き延ばしつつ麺紐を絞めていく。
1本の麺を複合(3本合せ)する。ロールを通し引き延ばしつつ、麺紐を絞めていく。 3本合せの麺をロール通した後少し食用植物油を塗る。
油返し作業
3本合せ〜ロールを通った後の麺線を
細いロールに引き延しつつ、麺紐を絞めて麺線を強くする。
細目作業
熟成後、撚りながら直径約10cmに延す。
この作業の時にハケで植物油を塗る。
小均作業
熟成後、撚りながら直径約6cm前後に延す。
掛巻作業
昨晩からステン桶で熟成させてた麺を掛巻機で
2本の管に8の字に掛ける。
小引作業
掛け巻し、室(ネビツ)の中で
熟成した麺を先引き。
後引き2回(30cm位・70〜90cm)で熟成させながら引く。
門干し作業
はた・ハシで上下から分け、
麺線をさばきながら麺を付け
ばたに付ける。
はた掛け作業
付けばたに付けた麺を
200cm〜230cmまで上ヌキを上げ伸ばす。
(付けた麺を上からハシでさばく)
乾燥作業
屋外で自然風・または天床扇にて、麺を乾燥させる。
切断作業
乾燥した麺を切り板の
上に取り19cmの長さに
切り揃える。
切込作業
19cmに切り揃えた麺を手で板の上で
短麺やゆがみの麺を取り除き選別する。
結束作業
1束50gに結束機で結束して
1箱(50g×360束)の木箱に入れて保管する。
(倉庫に入れて販売時期になるまで保管する)

ページトップへ